国際通りを一歩入ると
そこは都会の喧騒をわすれた小さな迷路。
沖縄独特の湿気を感じながら歩く那覇の路地裏は
青々とした木々や花が鮮やかで
どこを歩いても心地よいのです。



沖縄本島北部、本部町伊豆味にある「山原そば」へ。
沖縄の古い民家を改築したお店は、
初めて来たとは思えないほど、とっても懐かしい雰囲気。
お昼前なのに、店内は地元のお客さんでいっぱい!



国際通りの裏手にある通りにある建物は、
日本というより、香港を思わせるような多国籍な雰囲気。
沖縄だけは、街中の風景も大好きで
ずっと埋もれていたくなるくらい。
雨には参ってしまったけれど、晴れの日には見えなかった
沖縄の人たちの表情、パワーを感じることができた
とても貴重な旅でした。

2005年6月
梅雨のおわりの沖縄へ。
那覇からやんばる、
読谷、そして那覇の路地裏を歩く旅。
ある日の高速道路は閉鎖されるほどの
豪雨だったりしたけれど
雨だろうが、晴れだろうが関係ない
沖縄の元気と力強い息づかいが、
そこにはありました。









top

(C) kurumian.com All right reserved
画像・文章などサイトのすべてにおいての無断使用・引用は固くお断りいたします